Blog&column
ブログ・コラム

土木と建築の違いってどんなところ?

query_builder 2021/05/23
コラム
6
土木と建築の違いはどこになるのでしょうか。
詳しく解説していきます。

土木と建築の違い
土木とは暮らしに必要なものまたは暮らしを便利にするためのものを作ること、一方建築は人々が快適に暮らし過ごせる空間を作ることとされています。
2つの違いをそれぞれ見ていきましょう。

土木
土木工事で作るものとしては、トンネル、橋、歩道橋、道路、ダム、宅地造成などがあります。
建物以外の工作物や構造物の工事と覚えておくと良いでしょう。
また土木の仕事には主に、営業や設計、測量、整地、安全管理といったものがあります。
ただし土木の内容は幅広いため、工事により仕事や作業が変わります。

土木関連の資格は以下の通りです。
土木施工管理技士
・技術士
・コンクリート診断士
・測量士

■建築
建築工事で作るものとしては、戸建て住宅、ビル、マンション、店舗、学校、映画館などがあります。
人々が活動したり、安全に利用できる建物全般を作ることが建築だと言えますね。
建築の仕事には、設計、とび工、鉄筋、鉄骨工、内装デザイナーといったものがあります。
建築関連の資格は以下の通りです。
・建築士
・建築施工管理技士
・管工事施工管理技士
・建設整備士
・インテリアコーディネーター

▼まとめ
土木と建築には、土木が橋やトンネルなどの便利な暮らしに欠かせないものを作ること、建築が家や映画館など人々が暮らしたり利用する建物を建てることといった違いがあります。
土木は地面より下、建築は地面より上と言われることもありますが、中には土木と建築が一緒になったプロジェクトも存在します。

NEW

  • 三芳町 外構工事作業員の求人募集|(株)大澤建工 

    query_builder 2021/05/28
  • 庭作りのポイントについて

    query_builder 2021/09/22
  • エクステリアとは?外構の柵の種類について

    query_builder 2021/09/15
  • 解体工事の見積り書の見方とは?

    query_builder 2021/09/08
  • 家を解体する際に注意すべきこととは?

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE