Blog&column
ブログ・コラム

造成工事とは?造成工事の種類について

query_builder 2021/10/01
コラム
29
これから土地探しや新築を検討されている方はいらっしゃいませんか?
もし土地が整備されていなかった場合、「造成工事」が必要になるかもしれません。
そこで今回は、造成工事と種類について見ていきましょう。

▼造成工事とは
造成工事とは、大きな石などが散乱している凸凹な土地を、家が建てられる状態に整える作業のことを言います。

▼造成工事の種類
土地の造成工事には、いくつかの種類があります。
■整地
整地とは、斜面や凸凹のある土地を平らにする作業の事を指します。
地盤改良の際も、整地を行います。

■伐採や防草
草木が生い茂ったままでは、家を建てることができません。
伐採や防草とは、生い茂った草木を伐採し、根を取り除く作業を指します。

■地盤改良(地質変更)
地盤を安全な状態に整える作業を指します。また地質変更とも呼ばれます。
地層の表面が軟弱化している場合、セメント系固化材を混ぜることで土地の強度を上げたり、鋼杭を打ち込むといった施工を行います。

■土盛や土止
道路よりも低い土地の場合、土砂などで埋立て、底上げする工事を指します。
また、土盛で埋め立てた際、土砂が流出したり崩壊するのを防ぐために土止が必要です。

■残土処分
残土処分とは、土地を平らにするために切り取った土を処分する作業を指します。

▼まとめ
地震に強く、安全な住宅を建てるためには、土地を整える造成工事が重要となります。
弊社では、造成や外構など、住宅に関するさまざまな工事を承っております。
「どういった工事が最適なのか」を、工事のエキスパートとして、多角的な視点から分かりやすくご説明いたします。

NEW

  • 三芳町 外構工事作業員の求人募集|(株)大澤建工 

    query_builder 2021/05/28
  • 外構をリフォームするタイミングとは?

    query_builder 2021/12/01
  • 仕事に学歴は必要なのか?

    query_builder 2021/11/15
  • 土木の仕事をするメリットとデメリットとは?

    query_builder 2021/11/01
  • 土木作業員に向いている人の特徴とは?

    query_builder 2021/10/22

CATEGORY

ARCHIVE